素材ごとに違う魅力は

牛印鑑と一口に言ってもその素材には様々なものがあります。たとえばアクリル素材のものもあれば樹脂製のものもあります。また、チタンや金属素材のものもあります。また牛の角など動物の角や牙を使用している印鑑も多数あります。かつてのような象牙は今となっては希少価値の高いものとなっていますし、マンモスの角などを使用した印鑑もありますが、これらは今現在は販売されているケースもあれば、販売が終わっているケースもあります。そのほか木材を使用したものもあります。

楓や白檀など名の知れた木材をもとにしている印鑑も多数あります。そして、素材ごとに耐久性なども異なります。さらに押印する際の使いやすさやメンテナンスのしやすさなどもあります。耐久性に優れた印鑑の場合、長年にわたって使用していくことができるために、たとえば1つの実印を長年にわたって使用していきたいと考えているような場合には最適な印鑑になるとも言われています。

また使用頻度が多いような場合には押印のしやすさが重要になってくると言われています。また重さも異なるため持ち運ぶようなケースが多い人の場合には、それにふさわしい軽い素材の印鑑を使用するなど、それぞれにふさわしいものを選んでおきたいものです。